自分の許容範囲を伝える

逆援助交際にだって隠れ言葉ぐらいある事は知っていますよね?やはり出会い系サイトなどではできるだけトラブルが起きないように警察などがサイトを巡回している事があります。
あれ?と思えば注意を受ける結果になってしまったり、サイトから追放されてしまう事もありますから、隠れ言葉というのは絶対に必要な存在になってくるのです。
そんな隠れ言葉について知っておかないと自分が恥をかいてしまう事になりますから、まずは隠れ言葉はどんなものがあるか少しずつ勉強をしていきましょう!サイトによって違うんですけど、たいていどのサイトもアルファベットを使って隠れ言葉を使用しています。
例えば「G」というアルファベットの場合は相手の女性に逆援助交際のみを希望していますよ!と伝える時に用いられております。
そして「N」ですと中だしをしても良いですよ!という会い図だったり、「L」だと長期の関係を希望しています。
などの隠れ言葉になっています。
これ以外にもアルファベットを使って隠れ言葉でやり取りする事がほとんどですから、どんな隠れ言葉があるのか、もっと事前に調べておきましょうね。
自分の許容範囲を伝える事はぜったいに必要ですし、いつかは出会い系サイトを使用していたらあなた自信が隠れ言葉を使用する事になりますよ!

関連記事

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ